【マンガのソムリエ】ギャンブル漫画おすすめNo.1【面白おすすめ漫画】

※このブログはアフィリエイトに興味を持った作者が、たくさんの人に読んでもらえるようなブログを目指すため、記事の練習としてひたすら自分の好きなマンガを紹介していくものです。

 

★月に30本の記事を書くミッションに挑戦中

 

ギャンブル漫画ってドラマ化・映画化しやすいですよね。

有名なところでいうと、「カイジ」は映画になりましたし、「ライアーゲーム」はドラマ化&映画化して最近も再放送するくらい大人気でしたね。戸田恵梨香がかわいいすぎるというのも大きな人気の理由だとは思いますが(笑)ヒロイン交代はちょっとショックでした。

二つともとても面白い作品だと思いますし、数少ない実写化が一定成功している例だと思います。しかし、個人的には

これらを超えるクオリティのギャンブル漫画

があります。こちら↓↓

f:id:kuro10kuroro:20170111085258j:plain

作品名:嘘喰い(うそぐい)

・画力:☆☆☆☆☆

・ストーリー力:☆☆☆☆☆

・世界観:☆☆☆☆

・キャラクター:☆☆☆☆☆

・読みやすさ:☆☆

・総合評価:☆☆☆☆☆

こんな人におすすめです。

・知略的なマンガが好き

・戦闘も楽しみたい

・戦うおじいさんに痺れる

主人公のギャンブラー斑目獏(まだらめ ばく)の特技は、相手の嘘を見抜くこと。彼の前ではどんなイカサマもブラフも無意味です。むしろイカサマを仕掛けてきた相手をそれを利用して打ち負かします。彼を取り巻くのは倶楽部賭郎(くらぶかけろう)。賭博を取り仕切る組織で、絶対的な立ち合いのもと、絶大な権力を持っています。獏は賭郎のトップ「お屋形様」に勝負を仕掛けるのですが…

 

見どころはたくさんあるのですが、なんといっても独創的なゲーム。「まぁ主人公が勝つ流れになるんだろうな」とは思いつつも、毎回ハラハラします。展開も2転・3転して、不利な状況から逆転したり、偶然か?と思っていたことが、実は最初から仕込まれていたことだったりと、全てがわかった瞬間

まさに青天の霹靂。衝撃ハンパないです。

相手を見事にはめた時の決め台詞

あんた、嘘つきだね。

まさに、相手の嘘を食い破る、嘘喰い

読んでる間アドレナリン出っ放しです!

 

 

さらに、ギャンブル系マンガでは、ゲームに勝ったらその時点で勝者となるのが一般的ですが、よく考えてください。

ゲームに勝っても、踏み倒されたら元も子もなくない?

そうです。自分より強い相手から、賭けの代償を取り立てるのは至難の業なんです。そこで登場するのが倶楽部賭郎。ゲームを公正に取り仕切り、なんといっても

確実な取り立て

お金はもちろん、命を賭けていれば、命も確実に取り立てます(殺)。そのため、賭けを取り仕切る立会人(たちあいにん)は、プレイヤーが逆上して、ゲームを壊そうとしたり、賭けの代償を踏み倒そうとすると

暴力で制裁を加えます。

ゆえに、最強です。格闘のスキルが高いのに加え、確実に仕留める殺意を兼ね備えています。そんな立会人、とにかくキャラが濃い!だいたいギャンブルのディーラーなんて、モブキャラですが、このマンガの場合めちゃくちゃキャラ立ちしてます。

じじいがつえぇ(笑)

戦闘シーンも高い画力でとてもリアルかつド迫力に描かれていて、これがギャンブル漫画であることを忘れさせるクオリティです。それだけで全然楽しめます。

 

 

基本的にゲームは対戦相手ごとにオムニバス形式で進むのですが、後々、それらが伏線だったことが判明し、もう一度読み返すこと必至です。てゆうか、こんな複雑な展開を人間の脳で考えられるのか?と疑いたくなります。迫さんの頭の中まじ宇宙。

最近映画化プロジェクも進行中だとか…ただ、現在の最新話では話が複雑になりすぎて立ち読みしてもなんのこっちゃわからないと思います。そんな初見殺しの点が玉にきずですが、1巻からじっくり読んでみる価値は十二分にあります

今回からアフィリエイトのリンクを貼ってみました。

[http://]

読んでみたいと思った方は今すぐクリックを!ただし、興味のわかなかった方は買わないでくださいね。マンガは個人の好みですから。