【マンガのソムリエ】サイコパス疑惑主人公、不死身になりました!【面白おすすめ漫画】

※このブログはアフィリエイトに興味を持った作者が、たくさんの人に読んでもらえるようなブログを目指すため、記事の練習としてひたすら自分の好きなマンガを紹介していくものです。

★月に30本の記事を書くミッションに挑戦中

 

明日は成人式ですね。またバカ騒ぎする一部の新成人のせいで、ゆとり世代の評判が悪くなるのが嫌ですが、気にせずやっていこうと思います。

 

バトル系マンガの主人公は熱い!

だから、冷え切った現代人の読者の多くの読者を虜にしてきたのでしょう。子どもはいつかマンガの主人公になることにあこがれ、大人は純粋だったあの頃を思い出す。少年漫画にはそんな魅力があると思います。が、

バトル系マンガだからってすべての主人公が情熱的とは思うなよ!

というメッセージを突き付けられるマンガがあります。こちら↓↓

 

f:id:kuro10kuroro:20170109235336j:plain

作品名:亜人

・画力:☆☆☆☆

・ストーリー力:☆☆☆

・世界観:☆☆

・キャラクター:☆☆☆☆

・読みやすさ:☆☆☆☆

・総合評価:☆☆☆☆

こんな人におすすめです。

・暑苦しい少年漫画は嫌だ

・バトルの中にもヒューマンドラマを感じたい

・ミリタリーが好き

亜人それは、決して死なない人間。正確には死んでも再生するのです。主人公の高校生永井圭(ながい けい)は、交通事故にあい、瀕死の重傷を負ったことで、自分が亜人だと気づきます。それからは、研究材料にされたり、別の亜人と戦ったりするという、よくありふれた、というかありがちな設定なのですが、

とにかく主人公が無気力なんです!

無気力というより、サイコパスなんじゃないの?と疑いたくなるレベルです。戦っているときも、逃げてるときも、仲間がピンチの時も

「めんどくさいなぁ」

という感じで、終始自分のこと以外には興味を示さない様は、少年漫画の主人公にあるまじき姿です(正確にはアフタヌーンなので、青年漫画ですが)。主人公に敵対する佐藤(さとう)という亜人もなかなかの性格で、戦闘狂。彼の前ではどんな警備も無意味です。狂っている者同士、もしかすると主人公にシンパシーを感じているのかも?

基本的に利己的な主人公ですが、時折、勝ち目のないような戦いにも挑んだり、非合理的な思いやりを見せる

完全にツンデレww

です。まぁ主人公以外のキャラクターも大概闇を抱えているんですけどね。「不死身」という設定はありがちですが、戦いの描写もリアルで、特殊能力も独特なので、飽きずに楽しめます。文字数も少なく、設定も単純なので読みやすいです。

全9巻なので、マンガ喫茶に立ち寄った際は一気読みしてみて下さい。